ドチャベン・アクセラレーター2016【田舎発、事業創出プログラム】

11/23ピッチイベント開催

泥にまみれて踊り続けるダサいニンゲン、それが地域のシゲン。

田舎にあるたくさんの美味しいもの、豊かな自然、脈々と受け継がれてきた文化。この素晴らしい地域の資源を活かし守っていくのは何よりも大事なことだと思います。でも、ニンゲンの想像力って、時にはもっと自由で型破りでもいいのかもしれません。
いまドチャベンの周囲には、次の100年の文明を発明しようという気概を持った、多種多様なニンゲンが集まっています。どんなに泥臭く不格好でも、目指す社会のあり方、生き方を一歩一歩カタチにし、想像力のベクトルを、もう一度草の根から突き出していこうと必死にもがく人たちがいます。
それを僕らは、とても格好いいと思います。
そして近い将来、ドチャベンから生まれる鼓動が、世界を驚かせることも不可能ではないと本気で思っています。
もし、そんな愛すべきニンゲンたちと共に挑戦する場所を探しているのなら、一度足を運んでみてください。黎明期ならではのワクワク感と無限の可能性を感じさせるフィールドが、間違いなく一発で気に入るはずですから。

田舎発、事業創出プログラム。
通称、「ドチャベン・アクセラレーター」。
世界トップクラスで人口減少が進む秋田県(鹿角市・湯沢市)で起業する挑戦者を、全力応援するプログラムです。
「セミナー・現地プログラム」「ビジネスプランコンテスト」、選抜されたチームが参加する「起業家育成プログラム」の3部構成で、田舎発の事業創出を目指します。  

そしてドチャベンは、川を遡る。

ベンチャー、直訳すると冒険。その原動力となるものは、固定化しつつある自分の価値観を変えたい!世の中に新しい価値を生み出したい!という強い思いにほかなりません。昨年発足し、複数の田舎発ベンチャービジネスと人的ネットワーク、派生事業やスピンオフ企画を生み出してきたドチャベンも、現状に満足することなく新しい挑戦と進化を貪欲に求めます。
そんなわけで2年目を迎えるドチャベンは、鹿角市、湯沢市という昨年の舞台となった五城目町、横手市の川上へ進行。あえて川の流れに逆らい、内地をめざすことにしました。どちらのエリアも深い緑とそこへ暮らす人々が、縄文時代から脈々と続く文化を大切に守り続けている場所。生きる意味、豊かさの本質に気づかせてくれる土地にズンと根を張る新たなビジネスを興して、地域の人たちを土器土器……、あ、ドキドキさせてください。もちろん、あなた自身の心も。

野人の里、鹿角

鹿角の資源、それは野人力。縄文文化が色濃く残るこの町の人々は、厳しい冬を笑い飛ばす屈強な精神と、独自の文化を築く気風を備えています。それでいて美人。ドチャベンが「マイルド野人」と名付けた彼らは、地元の自然と文化を心から愛し、また他者にそれらを伝えるとき、本当にいい顔をするんです。

美人の里、湯沢

湯沢の資源は、美人力。小野小町の伝説が息づくこの町の人々は、男性も女性もそこはかとなく感じさせる気品をまとっています。それでいて野人。ドチャベンが「ワイルド美人」と名付けた彼らは、愛すべき地元のためなら考えている間にも動く!といった、非常にアクティブな一面を兼ね備えているんです。

2016年7月1日
現地プログラムを公開いたしました。
2016年7月1日
メンター&講師紹介ページを更新いたしました。
2016年6月22日
ドチャベン・アクセラレーター2016【田舎発、事業創出プログラム】ホームページ開設しました